5/25 一粒万倍日に「アサヒ」播種

第3期無肥料自然栽培米づくり 新居浜の藤田理事の圃場にて、播種&育苗です。

0525

芳野家次男しゅうくん

0525-1 0525-2

藤田理事が事前に温湯殺菌後、水を吸わせて程よく発芽しています。

0525-3

一つのポットに2~3粒自動的に入っていきます。

0525-4

藤田理事所有の自動播種機その名も”まくDAY”

0525-5

今年は土も有機JAS規格のものを使ってみます。

0525-6

まず土が穴に入り、種籾が2~3粒撒かれて、その上に土をかぶせて1パレットずつ出てきます。

0525-7 0525-8 0525-9 0525-10 0525-11

この赤い機械がもの凄い振動して、水を表面に出してならしていきます。
いわゆる人工的に液状化現象を起こしているような感じ?
 

0525-12 0525-13 0525-14


ならした土地にシートをかけていきます。
苗から伸びる根をシートをかけることで切りやすくするためです。

 

0525-15

シートの上にパレットを並べていきます。

0525-16 0525-17

藤田理事、少しの曲がりも許しません!

0525-18

みんなガラスの腰を持つ者ばかり・・・
無事帰れるのでしょうか?

0525-19

その上からビニールのシートをかけます。
このシートは発芽するまで2~3日で外し、そのあとトンネルに切り替えます。
 

0525-20

シートがまくれたりしたら、鳥さんたちの餌食になってしまうので、土で身長に留めていきます。

0525-21 0525-22