タネが危ない

月刊誌”到知”に、まほろばでも講演していただいた、野口種苗研究所の野口勲さんと、内閣総理大臣夫人 安倍昭恵さんの対談が特集されています。
生命の花を咲かせ続けるために、人工的に交雑した「F1種」のタネではなく、その土地で自然に育ってきた「固定種」を守り抜かなければいけない。この野口さんのお考えは、まほろばの根幹となるものです。
もちろん国酒禊の原料となるお米「アサヒ」は固定種ですし、まほろばが扱うタネは、すべて固定種です。
これからも微力ながら、固定種を守るお手伝いをさせていただきます。

10303946_712359928802643_1208384049890324760_n