6/3 畔シート張り

畔際ディスクで溝切りをし、
水漏れを塞き止めるために畔シートを張る作業を行いました。

『鍬は、振り上げて落とすだけよ。』
と山本姉さんから助言をいただき、やってみると。。
なるほど。
鍬の重みで、ぐっと深くまで鍬が刺さります。

そこで、もっと楽に鍬を扱う方法はないかと調べてみました。

1.足と同じ側の手を前に出し、両手の間隔をあけて鍬を持つ。
(右利きの場合、右足と右手を前に出す。左手は柄の端を持つ)

2.鍬を振り下ろす時に、右手を左手のほうにスライドさせる。

古武術の動きを使い、楽に掘る方法だそう。

鍬を振り下ろす衝撃が体に溜まらず、スーッと体の中を通り抜けていくので、
腰や肩への負担が全然違うとのこと。
楽なのに威力は増すので、溝を掘るスピードもアップ!

ぜひお試しを☆

10420740_633546816739965_1989469141_o